てらがき農園



fullsizeoutput_6f1.jpeg

和歌山といえば紀州の梅。

日本の代表品種として知られる"南高梅"発祥の地で、青梅と共に梅干しの生産量日本一の地域です。

和歌山県みなべ町で無農薬・無肥料の自然栽培で梅を育てている「てらがき農園」をご紹介します。

てらがき農園二代目代表の寺垣 信男(てらがきのぶお)さん[1974年生まれ]

fullsizeoutput_6ed.jpeg

 先代から続く梅農園は50年を超える老舗農園で、元々は有機JAS認証指定の安全な肥料を使っていました。

「桃栗三年柿八年」という言葉があるように、野菜と違って、果樹は実が成り収穫できるようになるまで最短でも3年はかかります。

故に、農法転換の失敗リスクは大変高い事ですが、二代目の信男さんは2005年から無肥料の自然栽培に切り替える事に成功しました。

栽培方法を切り替えるきっかけになったのは、先代が病状になり肥料をやっていた畑とやらなかった畑が偶然できて、肥料をやらなかった畑の方に虫が付かなかったという経験をしたこと。

今までは過剰に肥料も与えていたが、肥料への「疑念」が信男さんを自然栽培へと衝き動かしました。

その感覚は見事に的中し、梅の肌質は皮がゴツくなり身なりの良い梅になりました。

fullsizeoutput_6f3.jpeg

信男さん自身に栽培を切り替えた事も含め、オーガニックについて伺うと「何かに固執する訳では無く、気持ちがいいか悪いかの二者選択でずっと来ている様な感じですね。

自分が食べるんだったら農薬を使った方か使わない方なら、当然使わない方だし、洋服でも着心地で言ったら綿や麻の方が気持ちが良いからそっちを選びますね。」と語ってくれました。

今の子どもたちの梅干しのイメージは、酸っぱい梅干しでは無く、甘い味が付けられた「味梅」が主流になりつつあります。

実際にてらがき農園でもインターネットで販売を始めた当初、売り上げの約8割が味梅でした。

江戸時代に著された「雑兵物語」にも、戦に明け暮れる武士は食料袋に梅干の果肉と米の粉、氷砂糖の粉末を練った『梅干丸』を常に携帯していて、激しい戦闘や長い行軍での息切れをととのえたり、生水を飲んだときの殺菌用にと多いに役立ったと書かれています。

信男さんは体に良い昔ながらの「昔梅」の必要性と大切さを講演などで今でも語り続けています。

fullsizeoutput_6e8.jpeg

そして良い梅について伺うと、梅の木は海が見える山の方が海風が当たり、ミネラル分が豊富。

塩分を吹き付けられて葉っぱが茶色くなった年ほど綺麗で良い梅が出来ると信男さんは話します。

てらがき農園のこだわりは、逆に尖ったこだわりを無くし、自身が営農する無農薬での農園がモデルになれる様、ゆくゆくは無農薬栽培で村全体が一緒にやれる事を目指していくこと。

b_simple_96_4L.png

  

美土和POINT2.png

 

全国的にも古くから、南高梅を使用した梅干しは最高級品として重宝されています。

価格も最高級品としての値段が付けられているのはその味や食感などもありますが、果肉が柔らかいために潰れやすく、加工の機械化にあまり適さないからです。

てらがき農園では、梅の栽培・収穫・加工まで全てを丁寧に手掛け、ピュアな物を提供するという"堅実な想い"が詰まっています。

無農薬・無肥料の自然栽培だからこそ梅を皮ごと安全に全ていただくことができ"生命力100%"を身体全体で感じる事ができます。

人の身体や自然にとっても、健康的で環境負荷の少ない栽培をする事で次の世代、またその次へとバトンを繋げ、100年後もずっと続けられる農業を実践している農園です。

 

b_simple_96_4L.png 

 てらがき農園 商品一覧ページは ゆびさしアイコンです。.pngコチラ

 

 115_1.jpg

三年熟成 千日ねり梅

¥ 1080税込)

樹上にて完熟させた梅を美味しさを追求して天然素材のみを使い三年熟成させました。昔懐かしい優しい味じわい。

てらがき農園のある和歌山県みなべ町は黒潮の海に面している温暖な気候が特徴で、その条件を活用し完全天日干しにて梅干しを作っています。

その為、海からのミネラルと太陽の日差しをたっぷり浴びた梅干しは、まろやかな酸味と旨味があります。

完全無農薬だからこそ、皮の適度な歯ごたえとしっかりとした梅の味を楽しめます。

全て余すところないてらがき農園の梅は、シンプルに食してもその存在感を味わう事ができますので、ぜひ存分に味わってみてください。

 

名称:三年熟成ねり梅

原材料:無農薬梅、食塩

内容量:80g

保存方法:直射日光を避け、常温・冷蔵保存

 

 

 

生産地:和歌山県

農園設立:1960年代

農 法:自然栽培(2005年〜)

農 薬:不使用

除草剤:不使用

肥 料:不使用

出荷日:月曜日・水曜日・金曜日

 

36961.png 農家さんの実際の声を文字に起こした取材記事はジタブルジャーニー美土和 

 

b_simple_96_4L.png

1